センスエピの特徴や効果、使い方、口コミなどを解説しています。センスエピは、エステで脱毛施術を受けたような仕上がりを実現する家庭用脱毛器です。従来の家庭用脱毛器に不満な方は必見です。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • センスエピと脱毛

センスエピと脱毛

体毛と食事は関係ある?

体毛と食事の間にはつながりがあると言われています。食事の内容によって体毛が多くなったり少なくなったりするというのです。

 

体毛は生まれつきのものだというイメージを持つ方も少なくないと思いますが、食事によって体毛は変えることができるわけです。

 

なぜ食事によって体毛の量が変化するのでしょうか。

 

食事で口にする食べ物はホルモンバランスに影響します。一般に言われているのは、女性ホルモン「エストロゲン」が多く分泌されると体毛は薄くなり、男性ホルモン「アンドロゲン」が多く分泌されると体毛が濃くなるということです。

 

体毛を濃くしないためには男性ホルモンの分泌量を抑える食事を心がけると良いのですね。

 

男性ホルモンの分泌を高めるのはGI値が高い食べ物です。GI値が高い食べ物とは血糖値が上がりにくい食べ物という意味です。

 

血糖値が上がると血糖値を下げようとしてインシュリンが分泌されるのですが、インシュリンと同時に分泌されるのが男性ホルモンであるアンドロゲンなのです。GI値が低い食材を使った食事をするようにしましょう。

 

また、女性ホルモン「エストロゲン」と似た性質の大豆イソフラボンを多く摂取することも体毛を薄くするポイントになります。大豆製品を意識して食事に取り入れるようにしましょう。

 

体毛をできるだけ目立たなくするために除毛や脱毛といったムダ毛処理をする方が多いのですが、体毛が薄くなるような食事にするよう食生活を振り返ってみるのも効果的ですね。もともとの体質の影響もありますが食生活を見直してみてはどうでしょうか。

光脱毛による肌への負担

光脱毛による肌への負担は心配ないのでしょうか。

 

光脱毛とはフラッシュ脱毛とかIPL脱毛といった呼び方をされる脱毛方法を指しますが、一般に肌への負担は抑えられていると言われます。なぜかというと光脱毛は脱毛するだけではなく、肌のアンチエイジング効果や美肌効果を引き出すことができるからです。光脱毛による脱毛の施術を繰り返すうちに肌がきれいになるということです。

 

脱毛方法には光脱毛のほかレーザー脱毛があります。レーザー脱毛と光脱毛を比較してみると施術の出力がちがいます。レーザー脱毛のほうが出力が大きい分、脱毛効果が期待できるわけですが、その分肌への負担が大きくなってしまいます。レーザー脱毛の施術後、肌の赤みがあるといったケースも少なくありません。

 

肌への負担ということを考えるとムダ毛の自己処理が一番注意が必要だと言えるかもしれませんね。とくにカミソリやシェーバーで剃ったり、毛抜きで抜いたりする場合、衛生面に気をつけて清潔な道具を使用するよう心がけたいものです。

 

ただ、ムダ毛の自己処理は自宅で簡単・手軽に行うことができるので根強い人気がありますね。ムダ毛の自己処理をしたいという方には光脱毛が自分でできる家庭用脱毛器を試してみることをおすすめします。

 

家庭用脱毛器はそれなりの脱毛効果があるものを買うと価格が高い、というイメージがあるかもしれません。でも家庭用脱毛器のなかには低価格で販売されているものもあります。品質、安全性、コスパ、肌への負担、といった特徴をきちんとチェックして自宅で光脱毛を体験してみませんか。

Page 2 / 212
PAGETOP
Copyright(c) センスエピの特徴、効果、使い方、口コミなど解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「センスエピの特徴、効果、使い方、口コミなど解説」(http://www.batmacumba.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。