センスエピの特徴や効果、使い方、口コミなどを解説しています。センスエピは、エステで脱毛施術を受けたような仕上がりを実現する家庭用脱毛器です。従来の家庭用脱毛器に不満な方は必見です。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • 購入前に

購入前に

センスエピ使用上の注意

センスエピを使用するときの注意事項をまとめてみましょう。

 

センスエピはホーム・パルス・ライトという光を使用して脱毛する家庭用脱毛器です。ホーム・パルス・ライトという光はとてもまぶしい光です。目の安全を守るためホーム・パルス・ライトを直接見ることはしないよう注意してください。また、鼻から上の部位に照射することは絶対にやめましょう。

 

センスエピは同じ部位に何度も照射しないよう注意しましょう。毛量が多いとか太いムダ毛が生えているといった理由で一度に何回も同じ場所に照射すると皮膚に水ぶくれができたり火傷の状態になったりするので注意が必要です。ムラなく一定方向に光を照射できるようにコツをつかんでください。

 

皮膚疾患がある方や肌が敏感な方、妊娠中や授乳中の方、糖尿病などの全身性疾患を患っている方など、センスエピで安全な脱毛ができない場合があります。詳しいことはセンスエピ公式サイトに禁忌事項として説明されていますので、丁寧に目を通しておきましょう。

 

また、部位によってはセンスエピを使用する際に注意が必要な場合があるので注意してください。たとえば整形手術をした部位やタトゥーがある部位などです。

 

センスエピはスキンセンサーを搭載していますしショット毎の出力が一定になるようにショット数があらかじめ設定されているので安全面を考えて設計されている家庭用脱毛器ということができます。でもセンスエピを使用するときには自己責任で注意しなくてはならないことがいくつかあるのです。

 

センスエピの購入を検討している方は公式サイトで自分が問題なくセンスエピを使用できるかどうか確認してください。

iラインにもセンスエピは使える?

センスエピはiラインの脱毛にも使えるのでしょうか?センスエピの公式サイトをみてみましょう。

 

センスエピの公式サイトには禁忌事項がまとめられているページがあります。そこにiラインのほかoラインの脱毛について説明されている項目があります。

 

センスエピはiライン、oラインといったデリケートゾーンの脱毛には使用しないように記されています。

 

最近は全身脱毛をする方が増えていますね。Vラインの脱毛はかなり一般的に行われるようになっています。センスエピは正しい使い方をしていればVラインの脱毛は安全に行うことができます。

 

そしてVラインとともにハイジニーナとして広がりつつあるiライン、oラインの脱毛。見た目と衛生面でのメリットから関心が高まっている脱毛ですが、センスエピではこうした粘膜周辺に光照射を行わなくてはならないiライン、oラインの脱毛は行わないよう注意を喚起しています。

 

Vラインだけでなくiライン、oラインも脱毛したいという場合は脱毛サロンやエステで施術を受けたほうが安全だと考えたほうがよさそうですね。

 

ブログなどでセンスエピを使ってiライン、oラインの脱毛をできるという記事も見かけます。こうした記事を見た限りではiライン、oラインにも使えそうですが、万一皮膚にトラブルが起こった場合すべて自己責任になりますので注意しましょう。

 

こうしたデリケートゾーンのほかにもセンスエピを使ってはいけない部位があります。センスエピ公式サイトなどで安全に使える部位かどうか確認したうえでセンスエピで脱毛を始めましょう。

Page 2 / 3123
PAGETOP
Copyright(c) センスエピの特徴、効果、使い方、口コミなど解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「センスエピの特徴、効果、使い方、口コミなど解説」(http://www.batmacumba.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。